しぐりんブログ

仕事、転職、人生、暮らしについてのブログです。

今までの自分とは違う!自分自身を高める方法3選

今までの自分とは違う!自分自身を高める方法3選

「今の自分を変えたい」

「自分自身を、精神的にレベルアップさせたい」

と思ったことはありませんか?

 

なぜそれができないのかというと、「その環境に慣れてしまっている」からです。

それって、「もう次のステージに行こうよ」「もうワンランク上に行こうよ」っていう合図なんです。

いい環境に身を置けば、簡単に自分自身を高めることができます。

 

そこで本記事では自分自身を高める方法3選を解説します。これをやれば、すぐに自分自身が変わってきますよ。

 

各都市出身の人たちが集まった環境に行く

色んな都市出身の人が集まった環境に身を置くと、自分自身が高まります。

自分と同じ都市出身の人ばかりの環境ばかりでは、考え方が変わらないからです。

違う意見を持っただけで白い目で見られ、強い属性に縛られ続けます。

そうなると、自分自身も周りに合わせなければと思い、レベルアップになりません。

 

一方、各都市出身の人たちが集まった環境に行くと、一気に変わります。

なぜなら、各場所で育ってきた人たちは、自分と考え方が違うからです。

そういった人たちに囲まれた環境にいると、自分自身が自然と引き上がります。

 

魅力的な人たちが集まった環境に行く

魅力的な人たちが集まった環境に行くと、自分自身が高まります。

「魅力的な人たちって、どんな人?」って思いますよね。

それって、人それぞれだと思います。

例えば、すごくキレイな人、思考力がずば抜けている人、精神力が高い人などなど。

 

筆者は入社した企業が偶然にも、自分が魅力的だなぁと思える方たちばかりの環境でした。

女性はみんな華やかでキレイな人たちばかりの職場です。その中でもより、自分にとって魅力を感じる女性が2人います。

ひとりは、とてもきれいで華やかなのはもちろん、モノを選ぶときも迷いなく即決、センスもよい女性です。

もう一人の方は、何をしていても常にとても素敵な笑顔で、とても優しく接してくれる女性です。

 

こういった女性に、筆者は今まで出会ったことがなく、身近なローモデルが初めてできた瞬間でした。

自分もこんな女性になりたい、魅力的な女性になりたい、そう思えました。

その思いが自分自身を高めてくれます。

 

自分の魅力がアップする服を着る

自分の魅力がアップする服って何なんだろう…と思いますよね。

それは「自分がグレードアップする服」「自分自身がシャキッとする服」です。

高いハイブランドの服、というわけではありません。

 

筆者で例えるなら、「シンプルで清楚に見える服」です。

筆者が勤める会社は、華やかな方たちばかりなので、真っ先にボーダーやギンガムチェックなどカジュアル服は着れないな…と思いました。

しかも社外の人にも出くわす可能性もあります。

なので相手から見て、清楚でキチっと感があり、上品に見える服が着たいと思いました。

それらを意識した服を着た自分を鏡でみると、いつもとは違う自分になっていて、魅力度が上がっていました。

服は本当に自分を変えてくれます。

 

まとめ

自分自身を高める方法3選を解説しました。

自分を引き上げてくれる、もうワンステージに行ける環境に身を置くことがカギとなっています。

 

どうやって、それを見つけたらいいのか困りますよね。

筆者が今いる環境に出会えたのは、実は派遣会社のおかげです。

実を言うとその企業は、正社員では入れなさそうな上場企業なんです。

そのような会社は、当然、真正面からではほぼ無理です。ですが、派遣社員ならそういった企業で勤めることができます。

ぜひ、派遣会社を通じて一流企業を肌で感じ、ご自身を高めてみてください。

派遣で仕事探し

【求職中の人は見て!】仕事が決まるまでネガティブにならない方法

【求職中の人は見て!】仕事が決まるまでネガティブにならない方法

仕事が決まらないまま、退職して無職状態。

毎日求人を見ても、いいのが見つからない…。

そんな日々が続いて、ネガティブになっていませんか?

筆者もそんな経験があります。

時間が余りすぎたり、お金が減っていく毎日で、何もすることがなく、落ち込んでいきました。

 

そんな時、どうやったら仕事が決まるまでネガティブにならず暮らしていけるのか、考えました。

 

仕事を探してて何も見つからず、落ち込んでる方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

仕事が決まるまでネガティブにならない方法

ポジティブになれる曲を探して聞く

ポジティブになれる曲と聞いて、パッと思いついた曲、何となく思い浮かんだ曲など、あなた自身が明るくなれる曲なら何でも大丈夫です。

 

筆者はゲーム好きなので、ファミコンゲーム音楽を聞いたりしていました。

最近では、スラムダンクのオープニングテーマ曲「君が好きだと叫びたい」で、ポジティブに気持ちになれました。

 

昔聞いていた曲を久しぶりに聞くと、嬉しくなりますよ。

 

図書館に行って本を借りる

図書館は、色んなジャンルの本がたくさんあります。

試して欲しいのは、興味ないジャンルを読むことです。こういうジャンルは、ふだん読まないなぁというコーナーに行って、何となく目についた本を選んでみてください。

読んでみると、意外に面白かったりします。

 

色んなスーパーの商品調査

スーパーの面白いところは、それぞれ特徴があり、互いに置いてない商品があるとです。

隅々まで見てみると、「こんな商品あったんだ!」と発見して、わくわくします。

 

例えば、地元企業が作った商品を多く取り扱っていたり、珍しい商品を置いてたりするスーパーがあります。

また、惣菜コーナーにも特徴があり、コレはここにしかない!という一品も発見できます。

そこで、試しに買って食べてみるのも、いい経験になります。

 

これらの方法で気をつけること

バリエーションを増やさないと、すぐに飽きてしまうので、あなた自身で色々試してみる必要があります。

ずっと家で何もしないのも、ネガティブになる原因なので、行動することが大切です。

つまらなそうと先入観を持たず、気軽にできそうなことから始めてみるのがいいですよ。

 

そこでおすすめ3選をご紹介します。

ゲオ宅配レンタル

皆さんおなじみのゲオ。ふだん観ない映画を観てみるのも、新しい発見ができるかもしれませんよ。

いつも邦画ばかりな方は、洋画を観てみたりするのもオススメです。

筆者は映画自体興味がありませんし、まして洋画は興味ゼロのジャンルでした。

しかし、ふと目についた「プラダを着た悪魔」は、すごく面白かったです。この映画で、アン・ハサウェイを初めて知りましたが、記憶に残るほどの素敵な女優さんでした。

 

ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】

ジグソーパズルをした経験、ありませんか?子供のころはしたけど、大人になってから全くしなくなった方は多いと思います。

こちらの専門点は、6000点以上商品があり、風景やアニメも種類がたくさんあり、お気に入りの作品がきっと見つかります。

細かいピースを苦労してはめ続け、完成した時には達成感を味わえます。それを部屋に飾ると、より一層、満足感が得られますよ。

 

まんが王国

電子コミック専門店で、ジャンルもとにかく多い!最近のマンガについていけない…と思っている方でも、新作も出ているので全然大丈夫です。

途中からアニメを見始めたから、最初の方がわからない…と思っても気軽にスマホで読めます。

時間がかなり余っているのであれば、「こち亀全巻読んでみる」のも面白そうですよね。こち亀は1話1話が違う内容なので、飽きずに楽しめます。4年に1度しかでないキャラもいて、登場人物も個性的です。

筆者は、大人になってからなぜか「ダイの大冒険」が読みたいと思うようになりました。1~6巻までは子供のころに買っていましたが、本当にそれきりでした。

懐かしさもあり、読んでいくにつれて新たな展開もあり、とても楽しめて全巻読んで満足しました。

 

このような感じで、気軽にトライできる趣味はたくさんあります。ちょっと試しにしてみようかな、と思ったらぜひ行動してみてください。

 

まとめ

仕事が決まるまでネガティブにならない方法は、ポジティブになれる曲を聞く、図書館に行って本を借りる、色んなスーパーの商品調査です。

懐かしさや新しい発見が、ポジティブな気持ちにさせてくれますが、これらを続けているといつか飽きがきてしまうので、あなた自身で気軽に行動を起こすことが大切です。

仕事を見つけながら、気持ちが落ち込まないように、小さな行動をしてみてください。

これ、試す価値アリ!あなたが必要とされる居場所を探す方法

これ試す価値アリ!あなたが必要とされる居場所を探す方法

働いているとき、または家にひとりでいるとき、こんなことを考えた経験ありませんか?

「私には居場所がない…」

「家にいても寂しい…」

 

なぜ、そんなことを思ってしまうのでしょうか?

それは、自分自身が必要とされていないと感じているからです。

そう思っているから、

「私はこの職場に必要とされていないから、私の居場所はここじゃないかも」

「誰も私に関心をもってない。私って必要じゃないのかな」

と、ネガティブな考えになってしまいます。

 

本記事では、このような考えになってしまう方に向けて、あなたが必要とされる居場所を探す方法をお伝えします。

 

今まで気づけなかったことが、発見できる方法です。ぜひ、最後までお読みいただき、ご参考にしてください。

 

 

今まで仕事をしてきた中で嬉しかったことは?

嫌な仕事をしてきても、その中で1つは嬉しかったことがあるはずです。

どんなささいなことでも構いません。例がありますので、思いつかない方はご参考にしてください。

 

例)

  • 「ありがとう」と言ってもらえたこと
  • 話かけてくれたこと
  • 自分の売り上げが1番良かったこと
  • 「○○さん(私)に会いたかった」と言ってくれたこと

 

この嬉しかったことが、あなたにとって必要とされる居場所になります。

 

「…ちょっと意味がわからない」と思った方、次項でご説明致しますので、安心してください。

 

嬉しかったことを必要とされる居場所に当てはめる

先程の「今まで仕事をしてきた中で嬉しかったこと」の例の先頭それぞれに、「どうやったら」をつけます。

 

例につけてみると…

  • どうやったら、「ありがとう」と言ってもらえるのか?
  • どうやったら、話かけてくれるのか?
  • どうやったら、自分の売り上げが1番良くなるのか
  • どうやったら、「○○さん(私)に会いたかった」と言ってくれるのか?

 

ここで、問われているのは、あなたの「能力・考え・価値観」です。

上記の例で答えると、

  • 誰かのサポートができる
  • 明るく朗らかでいる、雰囲気がいい
  • ライバルがいない、他の人より得意なこと
  • 相手にとって必要な存在、存在価値がある

 

少しずつ、紐が解けてきましたでしょうか?

そうです!この上記の答えこそが、あなたが必要とされる居場所なのです!!

 

例で導きだした居場所は、

  • 縁の下の力持ち、裏方の役割ができる場所
  • 容姿、性格のよさが発揮される場所
  • 自分の能力が活かせる場所
  • 自分自身が誰かの役に立つ場所

 

このような方法になります。

必ずしも、職場だけとは限りません。SNS上や、コミュニティ、または、家でできることなら、家が居場所になるかもしれません。

 

まとめ

あなたが必要とされる居場所を探す方法をまとめます。

①今まで仕事で嬉しかったことを思い出す

②①の嬉しかったことを「どうやったら~(①の内容)なのか?」と当てはめる

③②に対しての答えを導き出す→あなたが必要とされる居場所

 

ぜひ、試しに行ってみて下さい。

 

そのほか、より詳しく相談したいのなら

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

も試してみてはいかがでしょうか?

経験豊富な方々が在籍しているので、あなたに親身になって話を聞いてくれる人はいます。

身近な人には相談しづらいことも、第3者なら打ち明けやすいですよ。

現在、求職中。面接待ち。

こんにちは。

前職が3月末までの契約だったため、現在は求職中の身、しぐりんです。

 

もちろん、次の仕事も派遣社員で探していましたが、自分の希望条件になかなか合わず、就業中に決まりませんでした。

4月になって、何も仕事が決まっていない状態だと、ふつう焦ったり、不安になると思いますが、過去に、日雇いバイトやフリーターで食いつないでいた経験があるので、「もうダメだ…」みたいな気持ちにはなっていません。

あの時の経験はムダじゃなかったんだなぁ、と思います。

 

さて、私の希望条件が合わないがために、なかなか仕事が決まらない理由は、現在の事務系の派遣求人で多いのが、電話業務だからです。

そう、私は電話が大の苦手。なので、お客様との連絡の多い、営業事務も無理なんです。

そして、車を持っていないため、家から自転車で通える範囲希望。

人が多い職場はイヤ…。

これらのため、仕事が狭められ、なかなか決まらない状態に至っています。

 

そんななか、かなり限られたなかで、奇跡的にほぼ私の希望条件に合った仕事が見つかり、早速応募しました。

しかし、年度初めでバタバタしているということで、派遣先の面接日がなかなか決まらず、ちょっと遅くなって決定しました。

 

ですが、果報は寝て待て。急がば回れ。人事を尽くして天命を待つ。

そう、遅くなったとしても、焦らない。今できることをして、待つのみだ。

派遣で仕事探し

 

新生活に必要なモノ、そろえませんか?

新生活に必要なモノ、そろえませんか?

4月になりましたね。

この春、初めて働く人、異動になる人…などなど、新しい場所で働く方はいらっしゃいませんか?

 

引っ越したり、ひとり暮らしをするにあたって大変になるのが、新生活に必要なモノを買うことですよね。

小物~大型まで、色んなお店に行くのは、手間も時間もかかります。

何より、新しい場所は右も左もわからない状態

道がわかっていなければ、お店も見つけづらくて、困りますよね。

 

そんな時に便利なのがネットショッピング

ネットショッピングは、あらゆる商品がそろっていて、家にいながら選べるのが便利です。

 

そこで、時間と手間をかけなくないあなたに、新生活を支えてくれる、おすすめのネット通販をご紹介します。

 

junijuni(ジュニジュニ)

こちらは、東京ガスがスポンサーのネット通販です。

junijuni(ジュニジュニ)の特徴は、賞味期限が近い商品、処分対象となった商品など、訳アリ商品をお得な価格で販売しているところです。

 

取扱い商品は、食品、飲料、美容、ペット商品と、ふだんの暮らしに欠かせないモノばかり。まとめ買いをすれば送料無料で、さらにお得になります。(送料の金額は下記でご説明します)

女性だと美容系を、男性だとカップ麺や缶詰などを、まとめ買いする方が多いです。

 

「本日のピックアップ商品」では、お手頃価格になった商品が一目でわかり、思わずポチッとしたくなります。

毎日のぞけば、思わぬ掘り出しモノに出会うかもしれませんよ。

 

会員登録は無料ででき、お支払はクレジットカードのみです。

回のご注文で、3,980円以上(税込)の場合は、送料無料です。

3,980円未満の場合は、送料770円かかります。
ただし「送料無料商品」については、金額および数量に関わらず、送料はかかりません。

 

よろずやマルシェ

よろずやマルシェは、楽天Yahoo!などのショッピングモールでの受賞歴が多い、信頼できるネット通販です。

こちらは、取扱い商品のカテゴリーが豊富で、日用品、食品だけではなく、家電・PC周辺機器、文房具、家具、ファッション、医薬品もそろっています

それだけではなく、海外ブランドも取り扱っているので、こだわった日常生活を味わいたい方にもオススメです。

 

そして、嬉しいのが毎日特価セールをしていたり、アウトレット商品もあったりします。欲しいモノが安くなっていたら嬉しいですよね。

 

よろずやマルシェは、会員登録しなくても購入可能です!

ですが、会員登録するとお得なクーポンやキャンペーンが利用できたり、ポイントを貯めて還元値引できたりするので、こらからも利用したい方は登録するのがオススメですよ。

 

送料は、商品代金が税込4,990円以上で無料になります。(北海道、沖縄、一部離島地域は除きます)

ご注文してからお届けまで、最短で翌日配達可能(一部地域・商品は除く)!

そして、決済方法がコンビニ、銀行振込、クレジット、代金引換と利用者が決済しやすいように工夫されています。(※コンビニ、銀行振込は2回目以降のご注文からご利用可能です)

 

今回ご紹介しました2つのネット通販は、どちらも信頼できる通販なので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

お得に購入したい方はジュニジュニ、色んな商品をまとめて購入したい方はよろずやマルシェがオススメです。

 

ぜひ、ネット通販を利用して快適な新生活をお送りください。

 

 

働きづらい職場の特徴6選!その環境を避ける方法もご紹介

働きづらい職場の特徴6選!その環境を避ける方法もご紹介

先日、「女性の働きやすさランキング」が発表され、先進国25か国のうち、日本はワースト2位でした。

「女性が」というより、男女関係なく働きやすいといえる職場は数少ないですよね。

中小企業には離職率が多い会社がありますが、今では有名な大手企業でも辞めてしまう状況です。

 

筆者は社会人歴17年目、転職は(ざっくりと)7回繰り返し、色んな職場を見て来ました。そして、どうしたらそんな環境を避けることができるのか、考えつきました。

 

そこで、本記事では、働きづらい職場の特徴6選を解説し、その環境を避ける方法もご紹介します。

転職を考えている方は、次の仕事を選ぶときに、ぜひご参考にしてください。

 

 

働きづらい職場の特徴6選

上司の性格に難がある

上司の性格に難があると、働きづらいです。

なぜなら上司の性格が、職場の雰囲気に影響を与えるからです。

例えば、機嫌が悪くキツい上司だと、質問しづらかったり、気兼ねなく話しづらかったりと、上司を恐れるあまり、みんなが思うように働けない職場になってしまうからです。

そのような職場は居心地が悪く、気持ちまで滅入ってしまいます。

 

自分自身とは合わない雰囲気

他の人が居心地よくいられる職場でも、自分自身と雰囲気が合わないと、働きづらいと感じます。

人の感性は人それぞれであり、いい職場でも何か自分には合わないな…と感じることがあります。それは、ご自身の直感でなければわかりません。

働いていて、「何となく肌に合わない」という感覚が出てくる場合があります。

 

ワンマン経営

ワンマン経営は、職場をネガティブにさせる場合がほとんどなので、働きづらい環境です。

ワンマン経営とは、経営者の考えのみで会社を運営することで、部下の意見は聞き入れないスタイルです。

どんなアイデアがあっても受け付けてくれない環境だと、やる気は失せますよね。

また、経営者の理念に合わなければ、不満も出てきます。

 

人間関係が最悪

働きづらい職場の多くは、人間関係が最悪なところです。

ネチネチ言ってくる人、威圧感をかけてくる人、いじわるをする人など、味方がおらず、良好な関係が保てないと、メンタルまで崩れてしまいます。

 

また、失敗したときにフォローやアドバイスをくれない職場も、気にかけてくれない職場なので、働きづらいです。

 

女性ばかりの職場

女性あるあるになりますが、女性ばかりの職場は働きづらいです。

女性だらけの職場の上司は、気が強い性格の人が多く、気に入らないことがあると、あからさまに不機嫌になり、場の雰囲気を悪くさせるからです。

 

また、周りに合わせないと、陰で悪口を言われることもあります。

女性の多くは、共感や同調を求めるので、ひとり違う意見を言ったり、行動をしたりすると、その日から、軽く仲間はずれにされる場合があります。

 

このように、女性が女性ばかりの職場に入ると、辛い思いをすることが多いです。

 

自由がきかない

自由がきかないとは、ずっとその場にいないといけない、お手洗い行く時も声をかけないといけない、といった特殊なことです。

 

機械オペレーターなど、その場にいないといけない職種は、身動きがあまりとれません。

お手洗いさえも、自由に行けないのは辛いですし、伝えるのも恥ずかしいですよね。

 

このように特殊な決まりごとがあり、自由に動けない職場は働きづらいです。

 

働きづらい職場を避ける方法

面接に行ったときに違和感があれば断る

面接に行ったときの直感は大事です。第一印象で、何か違うな…と思ったら採用されても辞退を考えましょう。

 

違和感を感じつつ採用されても、モヤモヤが残り、実際働きはじめると、後悔するからです。

 

なかには、思っていたより働きやすかったという方もいらっしゃいますが、それは稀です。

 

ここで働くんじゃなかった…と後悔したくなければ、ご自身の違和感に敏感になりましょう。

 

派遣であれば担当者に企業の詳細を聞く

派遣のメリットは、営業担当者に応募したい企業の詳細が聞けることです。

企業の様子や仕事内容を詳しく聞くことで、自分に合うかどうか、判断できるからです。

 

筆者の経験ですが、気になった企業を問い合わせたら、「そこは忙しいですよ」と教えてくれたので、受けなかったエピソードがあります。

 

仕事をするにあたって、自分1人では不安を感じる方は、派遣はおすすめです。

 

求人に載っているポジティブな情報を疑う

求人に載っている言葉で「楽しい」「アットホーム」「やりがい」など、あからさまなポジティブ言葉に気をつけましょう。

 

そういった企業は、大抵ブラック企業です。いいように書いて、求職者を引き寄せる罠です。

また、給料が異常に高かったり、月収の最低〜最高金額の振り幅が広すぎる求人も危ないです。

 

ポジティブな言葉を謳っている求人は、避けるのが賢明です。

 

まとめ

今回は、働きづらい職場の特徴6選と、その環境を避ける方法についてご紹介しました。

働きづらい環境にいると、いずれ精神的に崩れていきます。そうならないためにも、いかにして避けるかが大事になってきます。

ご自身の直感を大事にして、少しでも違和感を感じたら避けるのが無難です。

 

ぜひ、今回の記事をご参考して、あなたに合う職場で働きましょう。

 

縛りから解放されよう。親の間違った固定観念3選

縛りから解放されよう。間違った親の固定観念3選

あなたの周りに「仲良し親子」っていませんか。そういった親子の親は、子供の意見を尊重し、考えを理解してくれます。

しかし、親の中には、親自身の固定観念を子供に押しつけ、子供の考えを遮る親も存在します。そんな親の元に生まれた子供は、生きる選択が狭められ、自由に生きづらくなります。

もし、親からの固定観念の縛りに苦しめられていたなら、ぜひ読み進めてください。

これを読めば、長年苦しんだ悩みが解消されます。

筆者も、親の固定観念に長年気づかず、縛られていましたが、ようやく解消されました。

本記事では、親の間違った固定観念3選をご紹介し、その固定観念の縛りから解放される方法を解説します。

 

 

親の間違った固定観念3選

間違った親の固定観念3選

小さい頃から親が口酸っぱく言っていた言葉はありませんか?それをずっと聞いていると、いつしか自分も親と同じ考えになってしまいます。

それがポジティブな考えだといいのですが、怖いのはそれが間違った考えで、ずっと正解と思って生きていくことです。

筆者は社会に出て、色んな職場で働き、親の固定観念が酷かったことに気づきました。

もしかしたら、親の固定観念を受け取ってしまったまま、未だ気づけていない方もいると思います。

これから紹介していく親の間違った固定観念が、当てはまっていたら注意が必要です。

 

男は大学、女は短大

昔の親によくあるセリフが「男は大学、女は短大」です。これは、明らかな男尊女卑ですよね。昭和では、今ほど女性が4年生の大学に通うことは少なく、社会に出ても寿退社するのが一般的でした。

筆者の親もまさに短大卒で、晩婚ではあったものの、正社員を2年で辞めており、女性は、そこまで頑張らなくていいという考えがあったんだと思います。

このような考えでは、子供の可能性が潰れていきます。今は女性が4年生の大学に行くのも、ずっと正社員として働くのも当たり前です。

「男は大学、女は短大」は、古い考えです。もし、あなたの親がこんなセリフを言っていたなら、間違った考えだと認識しましょう。

 

女は結婚して家庭を持つことが幸せ

女は結婚して家庭を持つことが幸せ、という考えも縛られた考え方です。幸せには色んな形があり、人によってさまざまです。

例えば、ゲームに没頭すること、大好きな芸能人にハマること、ひたすら読書すること、ひとりの方が気楽など、結婚せずとも幸せになれることはたくさんあります。

結婚が必ずしも正解ではなく、義務でもありません。

それを「結婚して家庭を持つのは当たり前だし、女性にとって幸せなこと」と、親の価値観を植えつけられ、いざ親の言った通りに結婚して、上手くいかなかった場合、どうしますか?きっと「親が言っていたことは間違いだった」と思うでしょう。

現代では、離婚する人も珍しくありません。結婚=幸せとは限りませんし、家庭を持つのも幸せというのは、人によってさまざまです。

 

正社員が当たり前

昔は正社員として働くのは、当たり前でした。今では、フリーランスなど含め多様な働き方がありますよね。

固定観念の強い親は、そんな多様な働き方は認めません。なぜなら、「正社員=ちゃんとした仕事」と思っているからです。聞き慣れない契約社員や派遣などは、真っ当な仕事とは思っていません。

正社員が当たり前だと思っていると、自分に合った働き方の選択ができなくなってしまいます。

筆者は派遣社員ですが、正社員のころと比べたら心身ともに安定してきまた。

人それぞれ、合う働き方・合わない働き方があるので、親の固定観念に縛られないよう、自分にあった働き方をしましょう。

 

親の固定観念から解放される方法

親の固定観念から解放される方法

ここまで親の間違った固定観念3選をご紹介しました。では、どうやってこれらから解放すればいいのか、気になりますよね。

そこで、親の固定観念から解放される方法をご紹介します。勇気がいることですが、思い切って行動に移しましょう。

 

親から離れる

一番いい方法は、親から離れることです。親の固定観念で縛られるのは、親と一緒の環境にいるからです。ずっと一緒にいるので、やはり固定観念が刷り込まれやすいので危険です。長く同居すればするほど、この間違った固定観念に気づかず、洗脳されたまま親と一緒の考えになってしまいます。

親の固定観念から脱却するには、一刻も早く親元から離れるのが一番です。

 

親と連絡のやりとりをしない

親と離れたあと、連絡のやりとりをしないことも大切です。なぜなら、連絡のやりとりをすることで、親とつながってしまい、帰省を促されるからです。

 

せっかく離れたのに帰省してしまうと、また親のいいようになってしまいます。

親と物理的に離れても、連絡してつながっいる状態は、まだ固定観念からうまく脱却できていません。親自身も、いずれはまた帰ってくると期待していまいます。

親元から離れたら連絡もせず、帰らないつもりでいましょう。

 

親に自分の考えを伝える

勇気がいることですが、親に自分の考えを伝えましょう。そうしないと、親は親自身の考えや価値観は子供に通じる、と思っているからです。

明らかに親の固定観念と自分の考えが違う場合は、はっきりさせるために自分の考えを述べましょう。電話で言いづらければ、手紙でも大丈夫です。

「こういう押しつけはやめて欲しい」「私は~な考え方です」「帰りません」など、断定的な表現が効果的です。

親をかばうようなあいまいな表現は避け、縁を切ってもいいくらいの覚悟で伝えると、スッキリします。

 

結局、世間知らずな高齢の親は、間違った固定観念を持ちやすい

今回は、親の間違った固定観念3選と、それから解放する方法を解説しました。

結局、世間を知らずな親ほど、間違った固定観念を持ちやすく、「それが正しい」と思い込んでしまっています。そして、その考えを子供にも与えてしまい、子供の可能性を潰しています。

間違った固定観念で育った子供がいつ気がつくのかは、子供次第です。

 

筆者はたくさん転職し、色んな職場の人に会って、ようやく気がつきました。

人によって性格や思考が違うので、ひとつの選択や考え方ではなく、「この選択方法もあるし、こんな考えもある」という視野が広がった考えが持てるようになりました。

 

親の固定観念に縛られて悩んでいる人は、これで解決できますね。

親元から離れて、自分の自由な選択ができるようになりましょう。