しぐりんブログ

仕事や転職、食について記事を執筆しています。

何のために生きているの?と悩む原因と解決方法

何のために生きているの?と悩む原因と解決方法

普通に生きていても、悩みごとは絶えませんよね。

仕事もプライベートも特に悪くない、だけど「何のために生きているのか分からない」という考えになって、辛くなってしまうことがあります。

この考えの深みにハマってしまうと、気持ちがネガティブになっていき、その悩みからなかなか抜け出すことができません。

 

そこで本記事では、「生きる意味がわからない」という悩みを解決できる記事になっています。

 

筆者も「何のために生きているのか」という悩みで落ち込んだことがあり、解消されてもまた同じ現象の繰り返しをしています。

しかし、以前と比べてると、少しずつ解消できるようになりました。

 

記事の前半では「何のために生きているのか分からないと思ってしまう原因」を解説しつつ、記事の後半では「生きる意味に悩まされない方法」を具体的に解説します。

 

この記事を読み終えることで、生きている意味に悩まされても、少しずつ解消に向かうことができます。

 

 

何のために生きているのか分からないと思ってしまう原因

何のために生きているのか分からないと思ってしまう原因

空いた時間が多い

空いた時間が多いと、生きる意味を考えてしまいます。

何かすることがあればいいのですが、何もすることがない空いた時間が、多ければ多いほど、「何もすることがないこと」に対して、自分=何もないと思ってしまうからです。

 

忙しいときに、空いた時間ができるのは嬉しいですが、暇なときに更に空いた時間が追加されると、することがない時間が増えて、落ち込んでしまいます。

 

このように、空いた時間が多いと、何のために生きているんだろうと思ってしまいます。

 

趣味がない

趣味がないと、空いた時間に打ち込めるものがないので、ヒマになってしまい、生きる意味を考えてしまいます。

 

趣味というと、打ち込めるもの、没頭できること、実行して楽しいことです。

これらは、空いた時間を埋めてくれる以外に、ポジティブな時間にしてくれます。

 

趣味がないと、空いた時間がネガティブになり、生きる意味に悩まされるようになります。

 

楽しいと思えることがない

楽しいと思えることがないと、生きる意味に悩まされます。

楽しいという感情がない時間をずっと過ごしていると、気持ちがネガティブになってしまい、何をやっても楽しくないと感じます。

 

結果、自分は何のために生きているのだろう、と思ってしまいます。

 

仕事もプライベートもパッとしない

ごく普通のように思えますが、仕事もプライベートもパッとしないと、何のために生きているんだろう、と思ってしまいます。

 

仕事もプライベートも悪くないのは幸せなことですが、それが続くと、目的地に辿り着かず、ずっと歩いている感覚になり、気持ちが滅入ってきます。

 

仕事もしくはプライベート、どちらかが楽しかったり、生き生きとしている時間がないと、何のために生きているのか、考えてしまいます。

 

生きる意味に悩まされない方法

生きる意味に悩まされない方法

やってみたかったことをしてみる

過去に「これやってみたかったな」と思うことはありませんか?

いくつか試してみると、意外と続くのも出てきます。

 

その時は怖くてできなかったこと、先延ばしにしていたことを、思い切ってやってみると、視野が広がります。

例えば、筆者は「つみたてNISA」を始め、TOEICを受験することにしました。

そうすると、ニュースを気にするようになったり、英語の勉強も少しずつ続くようになりました。

 

もちろん、試してみて楽しくないと思ったこともあります。

やってみたかったことをしてみると、新しくできることが増えて、生きる意味を考える時間が少なくなってきます。

 

身近にできる楽しさを考える

身近にできる楽しさを考えることは、大切です。

身近にできる楽しさは、気持ちをポジティブにしてくれるので、近くでできるだと継続もしやすいのでオススメです。

 

筆者は、弁当のおかずを週末まとめて作ることです。

料理は適当に作っているのですが、作っている最中は、料理以外のことを考えなくなります。

目分量の配合でした味付けが、意外とおいしかった時はうれしいものです。

「作ること」が達成感につながり、自分の心に潤いを持たせるので、味が大したことなくても、気にしません。

 

また、筆者の上司はYouTubeでドライブ動画を見て、「今日は〇〇に行ってきた~」と、その場所に行った気分になると言っていました。

 

ポイントは、手軽にできるもので、空いた時間を埋めてくれることです。

まずは、試さないといけなくなりますが、遠くに行かないとできないことや、お金がかかることは継続しづらいので、おすすめしません。

 

悩んで落ち込んだら寝る

何のために生きているかわからない…とずっと悩んでしまうと、ネガティブな気持ちなって落ち込んでしまいます。

 

ネガティブ状態で色々考えても、いいことは思い浮かびません。

そんなときは、寝るのがおすすめです。

横になると気がラクになり、寝ている最中は、悩まなくてすみます。

 

落ち込んだ気持ちを瞬時に晴らすには、寝るのがおすすめです。

 

楽しいことに期待しない

生きる意味に悩まされる時は、基本的に楽しくない時です。

楽しく生きたいと思うのは当たり前のことですが、楽しいことに期待しすぎるのはよくないです。

 

なぜなら、何かをやってみて楽しくなかったら、それだけでまた塞ぎこんでしまうからです。

そうなると負のループに陥り、いつまでたっても楽しくないと感じて、何のために生きているんだろう、と思ってしまいます。

 

まとめ

何のために生きているのか分からないと思ってしまう原因と、生きる意味に悩まされない方法を解説しました。

 

仕事でもプライベートでも空いた時間が多くて、何もすることがないと、生きている意味に悩んでしまいます。

楽しいこともなく、ただただその場を過ごしていたら、だんだんとネガティブになってくるからです。

 

何もないと生きる意味を考えてしまうので、手軽にできる趣味を見つけようとしたり、やってみたかったことを試してみたりするのがオススメです。

色々やってみたけど、やっぱり楽しくなかった…と思うこともあります。(筆者も経験あり)

 

確かにその時は落ち込みますが、そういった時は寝てしまって、また考えついたら何かすればいいんです。

 

生きる意味を考えも、答えはすぐに出てきませんし、自分にとって「コレだ」と思えることも、めったに出会えません。

ですが、「これがおいしかった」「布団があたたかくて気持ちいい」など、普段の生活で少しでも気持ちがプラスになることはあります。

 

そういった小さなプラスの気持ちを拾い続けていくと、ご自身のポジティブな気持ちが広がってきますよ。

 

まずは、手軽にヒマつぶしになりそうなモノから↓↓

ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】

【まんが王国】★お得感No.1★国内最大級の電子コミックサイト

 

辛い人生にサヨナラ。頑張るのをやめてラクに生きる方法

辛い人生にサヨナラ。頑張るのをやめてラクに生きる方法

「頑張ることは大切」と、誰もが小さい頃から、大人やテレビを通じて教わってきました。

ですが、勉強や運動、仕事をしていると「頑張ってもうまくいかない」という悩みが出てきます。

 

「頑張ることが大事」なのが根付いていると、うまくいかなくても頑張り続けてしまい、結果、精神的に辛くなっていきます。

 

そこで本記事では、頑張るのをやめてラクに生きる方法を解説します。

 

筆者自身も10代のころから、頑張っても上手くいかなかった経験をしてきて、35歳のときに頑張るのをやめたら気持ちがラクになり、人生もよくなったからです。

 

本記事では、以下3つを解説していきます。

・頑張っても上手くいかない原因

・頑張るのをやめる方法

・頑張るのをやめたら得られること

 

この記事を読み終えることで、頑張るのをやめてもいいというマインドが身に付きます。

 

 

頑張っても上手くいかない原因

頑張っても上手くいかない原因

頑張らないといけない環境

ノルマがある仕事、厳しい上司がいる職場、昔ながらの職場の多くでは、頑張らないと怠け者と思われます。

そのため、「頑張らないといけない」という思いがプレッシャーになり、ミスや空回りを招いてしまいます。

頑張らないといけない環境とは、手が空いたら掃除など、とにかく暇がないようにする環境です。

頑張りを追い込むと、精神的に崩れやすくなります。

 

頑張ればうまくいくと思っている

残念な結果になったとき、「あんなに頑張ったのに…」と思ったことはありませんか?

頑張ればうまくいくという考えは、間違った考えを起こしやすいです。

勉強で例えるなら、中身を見直さずに勉強時間だけを大幅に増やすことです。

たくさん勉強しても、理解していなかったり、記憶が定着していなければ意味がないですよね。

 

苦手なことでも、頑張ればうまくいくと思って続けていれば、ずっと苦しい思いをしながら続けることになります。

 

「頑張ればうまくいく」という言葉を、そのまま鵜呑みにしないようにしましょう。

 

頑張るのは当たり前だと思っている

わたしたちは小さな頃から、頑張るのは当たり前だと、自然な流れで入ってきます。

結果を残したアスリートや芸能人が、地道に努力している姿をメディアを通して目にするので、頑張ることが大切だと勝手に思ってしまうからです。

 

頑張って結果を出した人は、もともと才能があったり、適切なやり方で練習したおかげで結果を出すことができました。

ですので、才能がないことや苦手なことに頑張ったり、結果が出ないやり方で頑張っても上手くいきません。

 

全てにおいて、「頑張るのは当たり前」は通じません。

 

頑張るのをやめる方法

頑張るのをやめる方法

ハードルを下げる

ハードルを下げると、頑張らずにすみます。

例えば、責任のある仕事を辞めて、比較的軽い仕事に就くことです。

筆者は、正社員を辞めて、派遣の仕事に就きました。

派遣の仕事は、未経験OKの内容なら軽い仕事なので、ハードルが一気に下がり、ラクになりました。

 

ここで「正社員じゃないといけない」という概念が壊れました。

今まで当たり前・常識だと思っていたことを、どれだけ崩せるかがコツです。

派遣で仕事探し

 

ゴールは長いスパンかクリアしやすい数字にする

目標ができたら、ゴールは長いスパンかクリアしやすい数字にしましょう。

例えば、ダイエットなら1か月で7キロではなく、1キロにするなど。

ここで、無理な設定をすると、ストレスが溜まってしまい、上手くいかなくなります。

 

「頑張らずに目標をクリアする」ことに焦点を当てることが大事です。

 

頑張るのをやめたら得られること

頑張るのをやめたら得られること

ささいなことで幸せを感じる

頑張るのをやめると、ささいなことに幸せを感じやすいです。

なぜなら、時間とゆとりが生まれるので、今まで気づけなかった小さな物事に対して、反応しやすくなるからです。

 

例えば、湯船につかると気持ちよく感じる、休日の何もしない時間が心地よい、道端のお花の色がキレイなど。

頑張っている時は余裕がないので、身近なことにでさえ幸せを感じません。

頑張ることをやめると、自然と幸せが増えてます。

毎日の暮らしの中で身体に喜びを【Karon Style】

 

自分を肯定できるようになる

頑張ることをやめると、自分を肯定できるようになります。

頑張っている時は、苦しくて悲観的になりがちですが、頑張るのをやめると「これでいいんだ」と肯定的な考えになります。

 

この「これでいいんだ」という始めの一歩が大切です。

そこから少しずつ、これもやってみようかな、などポジティブな考えが思いつくようになります。

 

頑張るのをやめると、自分を肯定できるようになり、自然と考え方がいい方向になります。

 

まとめ

頑張るのをやめてラクに生きる方法を解説してきました。

 

頑張っても上手くいかない原因は、「頑張るのが当たり前」という考えが根付いていて、それが知らず知らずに自分を苦しめているからです。

 

頑張ることをやめると、一気にラクに感じます。

手っ取り早いのが、ハードルを下げることです。

難しい仕事、高い目標は、頑張らないとクリアできません。

「いかに頑張らずにできるか」がカギです。

 

そして、余裕ができてゆとりが生まれると、身近なものに幸せを感じ、自然と考え方が肯定的になります。

 

頑張ればうまくいく人は、ほんの一部です。

そういった人たちがメディアに映し出されるので、私たちは錯覚してしまいます。

 

頑張っても上手くいかなくて辛いなら、簡単にできることに切り替えたほうが、ラクに生きることができますよ。

マダムシンコのバームクーヘンを一番おいしく食べる方法

マダムシンコのバームクーヘンを一番おいしく食べる方法

ずっと気になっていたマダムシンコのバームクーヘンを、今更ながらネットで購入しました。

 

マダムシンコのバームクーヘンの食べ方

箱の裏には、バームクーヘンの食べ方が記載されていましたが、冷凍のまま、レンジ解凍、常温解凍、それぞれどれが一番おいしいか試してみました。

 

冷凍のまま食べる

冷凍のまま食べる

冷凍時のバームクーヘンは、カラメルが硬くて、切るのも力がいります。

食べたときの、カラメルの食感はバリッとしていました。

 

箱の裏に書いていたようなアイスの食感は、どこにも感じられませんでした。

スポンジ部分は、甘さがなかったです。

甘さがないほうが、おそらく、くどくなりすぎなくていいんだろうと思います。

 

レンジ解凍で食べる

レンジ解凍で食べる

軽くレンジにかけて食べてみました。

カラメルがとけて、食感が冷凍時とは違い、ジャリッと感があります。

軽くかけただけなので、硬さが少し残っていました。

 

スポンジは温かいほうが、かなり軽い食感になっていました。

 

常温解凍で食べる

常温解凍で食べる

カットして常温で約2時間たったバームクーヘンです。(時間は季節や温度によります)

見てわかるように、カラメル部分が全て溶け切ってスポンジに染み渡っています。

 

マダムシンコのバームクーヘン 上から見た画像

上から見た表面のカラメル部分です。

 

バームクーヘンをカットした画像

常温解凍したバームクーヘンをカットした断面です。

 

一番おいしかったのは、この常温解凍です。

全て溶け切ったカラメルのジャリジャリ部分は、冷えていない方が、とてもおいしく感じました。

そして、カラメルがスポンジに染み渡った部分は、最高においしいです!

カラメルが染みて柔らかくなり、一瞬でおいしいと感じます。

 

常温解凍は時間がかかりますが、おいしさは一番です。

まとめ

マダムシンコのバームクーヘンの食べ方を3通り試してみて、一番美味しかったのは、常温解凍です。

ただ、おいしさの感じ方は個人差があるので、ご自身でどれが一番おいしいか試してみるのも面白いですよ。

 

ちなみに、筆者は楽天ネットで購入しました。

送料が1000円かかることに驚きましたが、到着日時の指定がこちらの都合でできるので、それは良心的だと思いました。

 

まだ、マダムシンコのバームクーヘンを食べたことがない方は、ぜひ一度試してみてはどうでしょうか?

【楽天市場】マダムシンコ バウムクーヘン『 マダムブリュレ 』【冷凍便】 新感覚 バームクーヘン 人気 スイーツ お取り寄せ ギフト 内祝:マダムシンコ

 

マダムシンコのバームクーヘンはありませんが、色んなケーキが購入できます↓↓

【Cake.jp】ケーキ専門通販の商品購入

今の働き方合ってる?仕事を頑張らなくても普通に稼げる方法

今の働き方合ってる?仕事を頑張らなくても普通に稼げる方法

今、「仕事が辛い…」と心の底から思っている人、ぜひ最後まで見てください。

こんな状況ではないですか?

 

・正社員で働くのがつらい

・長時間勤務で、休みも給料も少ない

・何かもう嫌だ

 

本記事では、「この辛さを、もう味わいたくない方」の悩みを解決できる記事になっています。

逆に、仕事で結果を残したい、出世したい方には、無縁の内容です。

 

わたしも以前は、正社員で働いており、それが常識だと思っていました。

ですが、長時間労働で休みも少ない、その上給料も低くて、楽しみたくても楽しめない生活が続き、ずっと暗い人生でした。

 

そんな生活に明るさを与えたのが、働き方を変えたことです。

 

記事の前半では「正社員が合ってる人・合っていない人」を解説しつつ、記事の後半では「仕事を頑張らなくても普通に稼げる方法」を具体的に解説します。

 

この記事を読み終えることで、「仕事=頑張る」の概念が外れて、心が軽くなる状態になります。

 

 

正社員が合ってる人

正社員が合ってる人

会社が大好き

会社が大好きな人は、正社員向きです。

なぜなら、会社が好きだからこそ、長時間その場にいたくて、もっと頑張りたい、と思うからです。

 

会社の扱っている商品やサービスが大好きな人も、「どうやったらもっと売れるのか?」「サービスを向上するにはどうすればいいのか?」と、会社の利益が上がることを考えるので、こういった方も正社員に合っています。

 

勤めている会社が大好き、会社の商品やサービスについて深く考えたい方は正社員が合っています。

 

自分の能力で結果を残したい

自分の能力で結果を残したい人は、正社員に合っています。

自分に自信があるので、責任のある仕事をして、結果を出したいと思っているからです。

結果を残すことができれば、どんどん活躍できて、周りからも期待されるようになります。

 

出世して上に行きたい

正社員を続けていると、できる人は役職がつきます。

そのため、出世して上に行きたい人は、正社員に向いています。

役職がつく人は、体育会系で元気のある人が多いです。

熱い性格以外にも、頭の回転が早かったり、上司との関係も良好になるように心掛けています。

上昇志向が強い人は、正社員になって上を目指したいと考える人が多いです。

 

仲間意識が強い

みんなで取り組んで成功したい、と考える人は正社員に向いています。

正社員にならないと、グループ単位でプロジェクトを実行するのが難しいからです。

こういう方は、同僚=仲間の意識が強く、統率力があります。

みんなを巻き込むにはどうしたらいいだろう、とプロジェクトリーダー思考が強いので、正社員に向いています。

 

 

正社員が合っていない人

正社員が合っていない人

会社が嫌い

正社員が合っていない人は、そもそも会社が嫌いです。

会社の社風、人間関係、仕事内容、どれも合っていなければ、会社が嫌いになります。

転職して、また正社員として働いて同じような結果であれば、正社員は合っていません。

 

人と比べられたくない

正社員になると、どうしても周りと比べられます。

それは同期だけでなく、後輩とも、です。

同期は出世して自分はそのまま、もしくは後輩のほうができるとなったら、とても惨めな思いをしますよね。

 

会社内で比べられるのが苦手な人は、正社員に合っていません。

 

集団・組織が苦手

会社の一員として働くことに違和感があれば、正社員に合っていません。

正社員になると、その会社の人々と関わりながら働くことになります。

多くの人と関わり、同じ方向で働くのに違和感があれば、正社員には不向きです。

 

プレッシャーに弱い

正社員になると、責任が伴うのでプレッシャーに弱い人は正社員に合っていません。

責任や失敗が怖い、避けたい人は多くいますが、繊細な人は「責任感」がかなり心に負担になります。

責任を負いたくない人は正社員に向いていません。

 

仕事を頑張らなくても普通に稼げる方法

仕事を頑張らなくても普通に稼げる方法

未経験OKの派遣の仕事を探して働く

派遣社員には、その分野の経験が必要な仕事と、未経験OKの仕事があります。

未経験OKの仕事は、誰でもできる仕事が多いので、仕事内容は難しくありません。

そして立場上、正社員のサポートとして働くので、精神的に負担がかかることなく働けます。

 

手が空くことも度々あるので、一生懸命働くこともしなくていいですし、派遣先もそこまで求めていません。

 

わたし自身、派遣社員になって比較的ラクな仕事になり、給料も正社員のころより5万円多くなりました。(地方の正社員は、規模にもよりますが給料低いです)

 

頑張らずに働きたい方には、未経験OKの派遣の仕事がオススメです。

派遣社員について、もっと知りたい方は下のブログをお読みください。

sigurin.hatenablog.com

 

まとめ

「正社員として働いているけど、もう疲れた…」と感じている人は、一度、本当に自分は正社員が合っているかどうか、見直すことをオススメします。

 

正社員だけが、ひとつの道ではありません。

働き方は他にもあります。

そのひとつが、派遣社員です。

 

派遣社員のなかでも未経験OKの仕事は、比較的カンタンなお仕事で、責任を負わさせることもなく、心に負担を負うことなくできます。

 

派遣社員として働くと、正社員じゃなくても普通に生きていけますし、むしろ精神的にラクになります。

今の働き方が嫌だ…と思う方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

今すぐ求人を見てみたいなら↓↓

 

退職したくてもできなければ↓↓

毎日会社行くのが辛い…。女性上司はなぜ不機嫌になるのか?

毎日会社行くのが辛い…。女性上司はなぜ不機嫌になるのか?

職場の上司は男性が多いと思いますが、女性の管理職も増えてきました。

そこで自分の上司が女性という方に、こんな悩みがあります。

 

・職場の女性上司が不機嫌な時が多く、会社に行くのが辛い

・どうやったら、気難しい女性上司とうまくいくのか知りたい

 

本記事では、職場の女性上司に対する悩みを解決できる記事になっています。

 

わたしは、いくつかの職場で働いた経験があり、そのほとんどの女性上司は、不機嫌になることが多い人ばかりでした。

その気難しい上司と、うまくいっていた職場の人を参考にしています。

 

記事の前半では「なぜ女性上司は不機嫌になるのか」を解説しつつ、記事の後半では「気難しい女性上司とうまくいく方法」を具体的に解説します。

 

この記事を読み終えることで、気難しい女性上司がいても、うまくやり過ごすことができます。

 

 

なぜ女性上司は不機嫌になるのか

なぜ女性上司は不機嫌になるのか

上の立場だから

上の立場になると「なりふり構わない」といった状態になり、自分の都合のいいようにできます。

部下がミスをしたり、何かうまくいかない状況になると、露骨に態度が出ます。

 

例えばお店の店長が女性なら、その女性店長が一番上になるので、誰も逆らえる人はいません。

不機嫌モードになれば、職場の空気も当然悪くなります。

 

責任がある立場だから

責任のある立場なので、ストレスが溜まりイライラして不機嫌になります。

女性上司は、そのさらに上の上司から、売上やプロジェクトの進捗状況について注意されることがあるので、それを受けて不機嫌になることが多いです。

責任を求められる立場だからこそ、気にかけないといけないことが多く、ストレスが溜まり不機嫌になります。

 

気が強い

女性上司に圧倒的に多いのが、気が強い性格の人です。

管理職という立場上、気が強くないとやっていけないのもあり、たいていの女性上司は気が強いです。

そういう理由で、嫌なことがあるとすぐ不機嫌になることが多く、態度にも出やすいです。

 

女性は感情の生き物

よく言われるのは、女性は感情的になりやすい、ということです。

全員が当てはまるわけではありませんが、うまくいかなった時、叱責を受けている時は感情的になりがちです。

性格や考え方を直すのは難しですし、本人もそれが悪いとは思っていません。

 

気難しい女性上司とうまくいく方法

気難しい女性上司とうまくいく方法

話しを合わせる

気難しい上司でも、気分が普通なときは話しかけられることがあります。

その時は、話しを合わせて上司の気分をよくしましょう。

上司の機嫌がいいと場の雰囲気も和み、無事に仕事も終わります。

 

自分から話しかける

タイミングが重要ですが、自分から話しかけることで上司の気分を上げることができます。

意外にも、話しかけられることは嬉しく思っています。

話すタイミングは、機嫌が悪くない、且つ忙しくない時がいいです。

 

話す内容は、グルメな上司であれば「新商品の○○が出たみたいですね~。もう食べましたか?」「○○に、新しいお店ができたみたいですね~。」など、新しい食べ物だと話しかけやすいです。

上司がテレビをよく見る人であれば、ドラマの内容ことを話したりすると盛り上がります。

事前に上司の好みを知ることが大切です。

 

まとめ

女性上司は、管理職という立場上、気が強い人ではないと務まらないポジションです。

そのため何かあるとすぐ不機嫌になり、感情が表に出やすいので、なかなか女性上司とうまくいかないことが多いです。

 

女性上司は感情の波があるので、話しかけられた時は上司の話に乗り、気分をよくさせましょう。自分から話しかけても、上司は喜びます。

 

ただ、本当に性格に難がある上司で無理な場合は、転職を考えるのもアリです。

心を擦り減らしていると、自分が潰れてしまいます。

 

とりあえず派遣で職探し→マイナビスタッフ

未経験でIT転職したいなら→IT求人ナビ

悩みを聞いて欲しいなら→ココナラでお悩み相談・カウンセリング

人参だけで2品作る方法【グラッセときんぴら】

人参のみで2品作る方法

最近、野菜をあまり食べていないので、人参のグラッセを作ろうと思い、作りました。

 

レシピはこちらを参考にしています。

バターなしで作れますよ。

https://cookpad.com/recipe/4062783

 

人参のグラッセ

できあがりです。

味は、おいしかったですよー!!

バターを使用しないので、カロリーも抑えられます。

 

人参は面取りをしたのですが、面取りしたのを捨てるのももったいない、と思いレンジで「きんぴら」も作りました。

 

面取りした時にでた人参のくず

面取りした時にでたあとです。

不器用なところは、目をつぶっていただけると幸いです。

 

調味料入れたあと

目分量で、醤油、みりん、酒、砂糖、ごま油(少し)、塩(少々)を入れて混ぜ、ラップをかけてレンジでチンしました。

 

ラップをしなかったら、人参が焦げるので注意してください。

(最初の1分間、ラップしなかったらところどころ焦げていました…。)

 

人参のきんぴらレンジで人参きんぴらの出来上がりです。

ちょっと味が濃くなりましたが、おいしくできました。

 

これで、肌がよくなるかな?と安易な考えをしておりますが、野菜は大切ですよね。

 

せっかくなら、旬のお野菜を試してみませんか?

スーパーではお目にかかれないような、有機低農薬野菜や無添加食品を目で楽しんで、こだわりの素材を味わいましょう。

この季節限定のらでぃっしゅぼーやのおためしセットを見てみる

 

電話やっぱり苦手です!克服できないけど最低限すべきこと

電話やっぱり苦手です!克服できないけど最低限すべきこと

仕事をしていて、苦手だと思うことは「電話」がよく取り上げられます。

新入社員や若い人が電話対応が苦手、という記事はたびたびネットでも見かけますが、他の世代にも苦手な人はいます。

 

電話対応の仕方や、克服の方法が世の中多くありますが、どれを見てもうまくいかない、という経験はないですか?

 

そうなんです。方法を見ても、克服できないんです。

その代わり、電話する際に必要最低限のことだけするようにすればいいんです。

 

私自身も電話が苦手です。美容院など予約したり、どこかに問い合わせたり、プライベートで電話を掛けるのは何とも思いません。

ですが、仕事での電話はかなり苦手です。

 

現在の仕事は、予想以上に電話対応が多く、電話に出るときはちょっとネガティブになってしまいます。

 

記事の前半では「なぜ仕事の電話が苦手なのか」を解説しつつ、記事の後半では「克服できない代わりに必要最低限すべきこと」を具体的に解説します。

 

記事を読み終えることで、「電話するときは、必要最低限なことを準備すれば、なんとかなる」という考えが身についた状態になります。

 

 

なぜ仕事の電話が苦手なのか

知らない人だから

仕事の電話は、知らない人から掛かってくることがよくあります。

顔も分からない、会ったこともない人と電話で話すのは不安になり、精神的に苦痛を感じてしまいます。

社交的な人、話し好きな人は、苦痛と感じませんが、人見知りな人、おとなしい人は電話することが苦手な傾向が強いです。

 

一方、プライベートで美容院や歯科の予約を入れる電話は、初めての電話でも「自ら行きたい、電話したい」と思って電話しているので、不安はありません。

 

仕事の場合は、知らない人と無理に話したくないのに、電話しないといけない状況にいるため、嫌だという気持ちから苦手になります。

 

よく聞き返されるから

電話をしていて、相手から「すみません、もう一度いいですか?」と、聞き返された経験はありませんか?

わたしは電話をしていると、よく聞き返されます。

聞き返しが多いと、自分の言っていることが伝わらないのが苦痛に感じ、電話が苦手になります。

 

自分自身がどんな話し方をしているか、聞いたことありますか?

一度、録音して聞いてみて下さい。想像とは違う話し方をしています。

 

わたしの場合、周りからよく早口と言われていました。

自分では普通に話していると思っていましたが、録音した声を聞いて、驚きました。

 

ところどころが早口で、しかも予想以上に声が低かったのです。

軽くショックで、自分の本当の声を受け入れがたかったですが、これが真実なので受け止めるしかありません。

 

聞き返されることが多い方は、一度自分の声を録音して、リアルな話し方を聞いてみてください。

そうすると、聞き返しが多い原因が分かります。

 

どんな内容の電話か分からないから

電話が苦手なのは、どんな電話の内容がかかってくるか分からないからです。

これは、新入社員や今の仕事に就いたばかりの方に、多く当てはまります。

 

まだ会社のことを知らず、どんな内容の電話なのかも分からないので、不安になってきます。

電話に取ったとしても、相手から何か質問されても分からないため、それが不安に変わり、苦手につながります。

 

まだ右も左も分からないのに、「電話取って」と言われたことありませんか?

会社としては、慣れさせるためと思いますが、電話苦手な人にとっては辛いことです。

電話する回数が増えると、ある程度は慣れますが、苦手が克服されることはありません。

 

電話の内容は、予想もできず分からないことなので、苦手意識が高まります。

 

克服せずに必要最低限すべきこと

こちらから電話するときは台本をかく

こちらから電話するときは、話すことをメモしてから電話しましょう。

台本通りのセリフを言うようにすれば、緊張していても、伝えたいことが飛ばずにすみます。

 

台本は最初の挨拶から、伝える内容、締めの挨拶まで詳しく書き、しっかりと準備したほうが不安が軽減されます。

 

下準備をするとしないのは、全く違います。

手元に台本があるだけで、緊張していても話しを飛ばさずにすむので、こちらから電話するときは、台本をつくりましょう。

 

尊敬語・謙譲語・丁寧語を使う

電話が苦手な人は必須、と言っても過言でなはいのが、尊敬語・謙譲語・丁寧語を使うことです。

なぜなら緊張して言葉がつっかえても、丁寧な言葉を使うことで、相手からは「言葉づかいが丁寧、誠実な人」と思われるからです。

 

例えば、

「~さんいますか」→「~様はいらっしゃいますか」

「そうですか」→「左様でございますか」

「~しましょうか」→「~致しましょうか」

などです。

 

尊敬語・謙譲語・丁寧語を駆使して、「丁寧な言葉づかいで伝える」ことを意識しましょう。

 

相手の気分がよくなれるように話す

相手の気分がよくなれるような話し方をすることで、意識が自分ではなく相手に向きます。

 

電話をするとき「うまく話さなきゃ」と思い、自分だけに意識が向いてしまうと、一方的に話したり、相手の話を遮ってしまったりして、相手を不快にさせるかもしれません。

 

まず簡単なやり方は、最後の締めの挨拶に、「今後もよろしくお願い致します」「お忙しい中、ありがとうございました」など添えると、相手が気分よく電話を終えることができます。

 

慣れてきたら、話すときは「相手の気分がよくなるようにしよう」という意識を心掛けます。

話術を考えると悩んでしまうので、意識だけで十分です。

これをしていると、プライベートで店員さんに対しての気遣いもできるようになるのでオススメです。

 

相手の気持ちを上げるような感覚で話しましょう。

 

まとめ

電話対応が苦手な人は、克服方法を調べてしまいますが、実際のところ克服するのは難しいです。

これは性格からきており、人見知りな人、おとなしい人が、急に電話するのが得意にはなれないからです。

 

苦手なことは、なかなか直りません。

克服しようとすると悩む一方なので、上手くいかなくても、必要最低限のことだけしようという気持ちでいたほうが、少しはラクでいられます。

 

それで、ずっと仕事が続けられるようなら続け、それでも「やっぱり精神的に苦痛だな」と思えば、電話をしなくていい仕事に就くことを考えるのもアリですよ。

 

派遣でお仕事を探すなら→マイナビスタッフ

未経験からプログラマーを目指したいなら→GEEK JOB

辞めたくても辞めれなかったら→女性の退職代行【わたしNEXT】