しぐりんブログ

仕事、転職、人生、暮らしについてのブログです。最近

お花と豚肉は心の回復アイテム

ようやく終わった一週間。

これ以上ムリだ…と思った。

通勤中、突然泣きそうになる日があった。

それでも出勤する自分は偉い、と思いながら、

日々仕事に向かいました。

 

以前からお花を買おうと思って、

スーパーにあるお花を買いました。

 

お花はいつも、お花屋さんで買っていましたが、

スーパーに置いているお花の方がいいかも。

 

すでに2、3種類でコーディネートしているし、

そのパターンがいくつもある。

1つ買うだけで、色とりどりのお花が揃っているのがよかったから。

 

いざ、部屋に飾ると、明るい雰囲気になったし、私も嬉しくなった。

今回選んだ中に、白のカスミソウが入っていて、その小さいお花がたくさんある感じが可愛かった。それが、買いの決め手だった気がする。

 

昼ご飯は、久々お腹が空きました。

そんなときは、ちゃんと食べようと思って、

数ヶ月ぶりに、豚肉を買いました。

 

いつも加工肉ばかりだったので、

たまには、新鮮なお肉を食べないと、

と意識していました。

 

本当は、焼こうと思いましたが、

焼くのが面倒で、レンチンにしました。

 

レンチンだと、お肉が固くなるのが分かっていましたが、改めてやっぱり固い。

でも、おいしい!

脂身もおいしい。

豚肉最高だ、と思いました。

 

自分がとったアクションが、いい方向に向かった。

 

泣きそうになる…精神科予約しました

今週もあっという間に終わりました。

毎日、とにかく出社しています。

 

ある日、上司に呼ばれました。

現在の作業のヒアリングかと思ったら、違いました。

 

なんと、社員(匿名)から、私と一緒に仕事している社員が、私に対しての対応が悪い、と連絡があったそうです。

あれは、パワハラですよ、と。

 

びっくりしました。

そう見ている社員の方がいて、尚且つ上司に報告してくれたことに。

気分によって、言い方や態度がぶっきらぼうになって、ツラいな…と思っていただけなので、それがパワハラだは思いませんでした。

 

私は、自分の琴線に触れられたようで、涙が出てきました。

 

その確認の為に、上司は私を呼んだそうです。

同業務の社員には注意します、とのこと。

 

泣き顔がおさまってから、私は席に戻りました。

 

その時から、「あぁ、私はパワハラ受けてるんだな…」と思うと、何となく感覚が変わり、仕事も少し手付かずな状態になりました。

 

次の日から、同業務の社員に対して、いつも以上に声をかけるタイミングを見計うようになり、ドギマギするようになりました。

 

午前中は泣きそうになり、いつもはしないような単純なミスもしました。

 

メンタルが不調だな…。

病院、行こうかな…。

 

いくつか病院をピックアップし、予約しました。

すぐには、と行かず、ちょっと先になってしまいましたが、電話先の方が「日にちが開きますが、お大事になさってください」と言ってくれたので、ここは安心できる病院だなと感じました。

 

診察日まで、先が長い。

それまでは、何とか辛抱しよう。

 

土曜日で休みなのに、ため息がたくさん出る。

 

 

 

小さなことで、自分を褒める。

やっと1週間が終わりました。

次の更新日で、私は辞めるつもりなので、

これから3ヶ月。

大丈夫か…と思う。

 

それでも、毎日仕事に行っている自分は偉い。

1週間乗り切れた自分は偉い。

 

通勤時、なぜか息が荒くなる日があっても、

突然の対応も、

社員から呆れた笑いをされても、

タイミングを見計らうのに迷っても、

どういう文章が礼儀正しいだろう?と迷っても、

大量にプリントが追加されても、

仕事自体に追いつけなくても、

 

それでも、私は仕事に向かい、

金曜日まで出社した。

 

辞めるまで長い。

それまで続けられるように、

日々自分を褒め、自分が楽しくなるものに

目を向けていきたい。

 

私が続けられるモノは何?

仕事がコロコロ変わる私ですが、ここ数年で、1年以上続いた仕事があります。

 

それは、オペレーターです。ちょっと特殊なので説明しづらい職種ですが、この仕事が続いた理由を考えました。 

・電話がない

・イレギュラーが滅多にない

・ほぼマニュアル通り(ちゃんとしたマニュアルがある)

・質問しやすい、自分が安心できる優しい社員がいる

・仕事の作業範囲が少ない(あれこれする仕事ではない)

・忙しくない

 

以前、期間限定で営業事務をしたことがありますが、そこは私を含め3人でした。

 

電話が頻繁に鳴ったり、所長が忙しいと機嫌悪いのが嫌でしたが(笑)、基本、ゆっくりしている会社でした。

 

私がする仕事も、電話対応、伝票発行、来客対応(頻度少なめ)くらいで、営業事務にしては仕事が少なかったです。

 

その会社にも、質問しやすく、優しい社員さんがいて、そういった人がいる会社で、やる事が少ない仕事が私に合ってるんだな、と思いました。

 

今の仕事は、顔合わせのとき、単純だしルーティーンだよ、暇な時はネット見てていいよ、と言われたので、安心だと思って働く気になりましたが、実際、ほとんど真逆でした。

 

鵜呑みも危険ですね。

3ヶ月だけ!なら耐えられますが、これが長期はもうムリです。

 

やっぱり、私は期間限定じゃないと安心できないし、続かないんだろうな、と改めて思いました。

 

2ヶ月、6ヶ月、9ヶ月の仕事をしましたが、どれも続きました。

嫌なこともありましたが、やる事も少なめで期間限定だから、というのがあったからです。

 

現在、次の仕事として取り組んでいることがあります。

 

以前からずっと、在宅のフリーランスとして働きたい願望があり、思い切ってエントリーしました。

 

すると返信があり、トライアルを受けてそれからの審査、ということで、今トライアルをしています。

 

未来を明るく変えていこう。

 

もう辞めようと思った…。

仕事、辛いなぁ。

何が辛いかと言えば、イレギュラーや突然なことが多いし、色んな人に聞き取りしなきゃいけないこと。

 

顔合わせの際、単調で、マイペースに仕事できますって言ってたんだけどなぁ。

全然マイペースにできないし、色んなことに注意しなきゃいけなくて、私が思いっきり苦手な分野です。

 

きっと態度も、辛いオーラ出てます(笑)

あまり話したことない方から、「慣れるのに時間かかるよね。」「大変でしょ?」と声を掛けてくださった時は嬉しかったです。

 

でも、それ以上に辛さがのしかかって、せっかくのありがたい言葉が埋もれてしまいます。

 

家に帰ってもスッキリせず、気分転換ができずにいました。

 

仕事帰りにカフェに寄って、おいしい飲み物飲んだ時は嬉しかったですが、嬉しい気持ちはその時しか、保つことしかできませんでした。

 

今週は祝日があったので、遠出するとリフレッシュできるかもしれないと思い、電車に乗って遠くに行きました。

 

確かに、仕事のことは頭の中から消えていましたが、帰宅すると夕方、あぁ明日仕事、もう時間ないな…という感じになりました。

 

遠出をしてよかったのかどうか…。

土日はもうゆっくり、徹底的に自分に尽くそうと思いました。

 

YouTubeを色々見ていたら、斎藤一人さんの言葉の動画が目につき、聞いてみました。

 

相手の機嫌を取らず、自分の機嫌を取る。

困ったこと、ではなく学んでいる最中。

いつもニコニコしていること。

 

自分の機嫌は、どうやって取るんだろう。

入浴剤いれて、お風呂につかる。

マウントレーニアのカフェラテ飲みながら帰宅する。

これが最近良かったと思えることです。

 

辛い、辛いしか思ってたら、辛い出来事しか起こりませんよね。

辛いから脱却しよう。

 

疲れ果てた1週間。

先週までは、フツーに仕事していた私。

今週は、突然、イレギュラーなことがあり、

いつもと違うようなことを言われました。

 

社員の人に伝えて、対応してくれるだろうと思いました。

ですが、〜しなきゃいけないよ!と言われ、自分で関係者に伝えたりしました。

 

作業量もいつも多く、初めての就業時間超え。

辛くて、明日うまく行くか、怖かったです。

 

私は、人に何か伝えること、突然&イレギュラーに弱く、これが一気に重なったため、心がかなり重くなりました。

 

明日の恐怖を紛らわすには、上手くいくためには、どうすればいいのか…。

 

とりあえず、次の日はいつもと飲み物を変えて、出社。

昨日のことは、何とか乗り越えましたが、就業時間いっぱいいっぱいに使って、この日も心が沈みました。

 

次の日も次の日も暗く、帰りの歩きの速度がゆっくりで、それ以上早く歩けませんでした。

 

そんな中で嬉しかったのは、帰りのバスで、下車するバス停に着き、座席から降りようとしましたが、並んでる人がいたので、待っていたら、男性が「どうぞ」と列を譲ってくれました。

 

そして、あまり話したことのない職場の方から、「慣れるまでは、時間かかるよね」と言ってくれました。

 

世の中、優しい人はいるもんだな。

辛いときほど、優しい言葉をかけてくれると、感動してしまいます。

 

週末の金曜日は、比較的ゆっくりして、就業時間に余裕で帰れました。

 

私には、やっぱり余裕、絶対に変わりないこと、ちゃんと助けてくれる人、が必要だな、と再確認しました。

 

久々にお花を買いました。

 

 

ミモザとカラーです。

視界に黄色のお花が目に入ると、

何となくですが、いいです。

目についたモノを買う。

今週は、毎日普通でした。

ですが、とある日、頭の中で「スイートポテトが食べたい」と急激に思い、

普段帰りに寄らないセブンイレブンに行きました。

 

コンビニの商品を見るのは好きで、毎週、ネットで各コンビニの新商品はチェックしており、スイーツも何となく覚えていました。

 

発見しました、スイートポテト!

でも、ただのスイートポテトではなく、「黄金のスイートポテト」!

そして、入口で目が入ったポップにスムージー

 

中でも、ピンク色のスムージー(いちごとバナナのソイスムージー?だったかな)が飲みたくなりました。

 

そして、もう一つ目についた、よもぎ大福つぶあん

 

これらをゲットしました。

 

セブンのスムージーは飲むのが初めてで、上蓋とって、マシンに入れようとしたら、開かない!

なぜ⁉︎

よく見たら、まず、上蓋のバーコードをマシンに読み込ませる、と書かれていました。

 

私は、ゴミ箱に捨ててしまいました。

ですが、ゴミ箱から取り出し、バーコードを読み込ませて開けることができました。

 

初めてのことは、ちゃんと説明文見ないとな…と思いました。

 

それから、マシンがミキサーのように粉砕してくれて、出来上がり!

 

お味は…めちゃくちゃうまい!

こんなにおいしいとは、思っていなかったので、喜びが半端なかったです。

 

こうやって、気になるモノをスルーせずに買って、自己肯定感が爆上がりしました。

我慢せずに買えたのが、本当に嬉しかったです。

 

また、ずっと行きたかったお菓子屋さんにも行けて、帰り道買って商品を見ながら、ニヤニヤしました。

満足感、自己肯定感が爆上がりでした。

 

今までの私なら、また今度にしよう、いつか行こう、我慢しよう、と常にスルーしていました。

 

でも、スルーし続けたら、気が滅入ったり、自分に自信がなくなったりするんだな、と思いました。

 

買ってはいけない、安いモノで済ます、は自分で自分を下げてしまう行為だな、と気付きました。

 

自分自身のことを肯定しなきゃいけないのは、自分。

自分自身を上げるも下げるも、自分の行動次第で決まるんだなぁ。

 

自分自身に自信が欲しい、と思っているのに、自分で自信を下げてしまっていました。

 

そういう思考や行為は、もう、やめよう。

 

自分に自信がつくなら買ってよし!

気になるんだったら買ってよし!

 

自分で自分自身にOKを出そう。