しぐりんブログ

仕事、転職、人生、暮らしについてのブログです。

何か調子が悪いな…そんな時に救われる有名人の言葉

何か調子が悪いな…そんな時に救われる有名人の言葉

自分ではよく分からない「調子の悪さ」ってありませんか?

普通に暮らしていても、なぜか上手くいかない時がやってきます。

 

そんな状態の時に、心が救われるような言葉をご紹介します。

 

今、ちょっとうまく行かないなと感じている方は、ぜひ最後までお読みください。

 

調子が悪いときに救われる有名人の言葉

女子マラソン金メダリスト 高橋尚子さんの言葉

何も咲かない寒い日は

下へ下へと根を伸ばせ

やがて大きな花が咲く

 

高橋尚子さんは金メダルを取っていますが、もともとスーパースター選手ではありませんでした。

 

まだ無名だった高橋さんは、(まだ小出監督の直接指導ではないときは)自腹で小出監督の合宿に参加したり、地道に努力を重ね続けました。

それを続けてきた結果、最高の結果を得ることができました。

 

そんな高橋さんの言葉だからこそ、重みがあり、心に響く文になっています。

 

ファイナルファンタジーの音楽を担当した植松信夫さんの言葉

自分は自分。

自分の好きなことに、ウソをつかないこと。

 

何も意識せずに日々を過ごし、言われるがまま仕事をして生きていくと、自分の好きなことが分からなくなっていまいます。

 

仕方なく住んでいる街、仕方なくしている仕事、周りに言えない自分の趣味。

そこに自分の好きなことはありますか?

好きをごまかしていませんか?

 

好き=好奇心です。

好奇心には、やる気、向上心が含まれ、未来がプラスになる要素を持っています。

 

自分の「好き」をごまかさず、その心に従って進むと視野が広がり、人生の選択肢が増えるかもしれません。

 

まとめ

今回は、調子が悪い時に救われる有名人の言葉についてご紹介しました。

実績や結果がある有名人だからこそ、心に響いて前向きになれますね。

 

上手くいかないことが続いているときに、ぜひ改めて今回ご紹介した言葉を思い出してください。